婚活・恋活 公開日:2017.01.08

婚約指輪の世界5大ジュエラーってどこ?知っておきたい人気の結婚指輪は?

「世界5大ジュエラー」とは、世界でTOP5に入るジュエリーのハイブランド、という意味です。
「ジュエラー」は宝石職人や宝石商、という意味があります。
5 大ジュエラーに選ばれているブランドは、おそらくほとんどが1度は耳にしたことのあるブランドばかり。
そんな人気のブライダルリングブランドをご紹介していきたいと思います。

セレブ愛用「キングオブダイヤモンド」:ハリー・ウィンストン

ニューヨークに本店を置くハリー・ウィンストンはそのダイヤモンドのクオリティの高さから「キングオブダイヤモンド」と呼ばれています。エリザベステイラー、海運王オナシス、ジェニファーロペス、ヴィクトリアベッカムなど、錚々たるセレブリティからエンゲージリングに選ばれるトップブランド、それがハリー・ウィンストンです。

婚約指輪に真価を発揮するブランド

ダイヤモンドの選別に他社よりも厳しい基準を置いているハリー・ウィンストン。その価値は、結婚指輪よりもエンゲージメントリングでより輝きます。
お値段も数百万から1,000万超えのものもあるので、身に付ける人も選ばれる指輪であることは確かです。

スタイリッシュな指輪は芸術品:カルティエ

カルティエはパリ発祥の泣く子も黙るハイブランドです。
オープン当初から長らく貴族や特権階級の人々にのみ販売していたことから、デザインの精巧さ、美しさは芸術品の域に達しています。
かといって使いにくいわけでもなく、機能的で上品なデザインは時計でも有名です。

有名なラブリングもある結婚指輪がおすすめ

カルティエの良いところは、実用性のあるものを美しくデザインするところにあると言われています。
ラブリングに代表される、毎日つける結婚指輪に上品かつ斬新なデザインを取り入れているところがカルティエの魅力といえるでしょう。
今でも王室からの用命を受けている、トップクラスの宝石商です。

エンゲージリングといえばあの形:ティファニー

「ティファニーで朝食を」で有名なティファ二-ですが、映画のタイトルにまでなるブランドはなかなかありません。
それだけ高級感の象徴であり、上品で幅広いラインナップはアメリカのみならず、世界中で愛されています。
立て爪6本のセッティングも有名で、現在の婚約指輪の主流を作り出したのもティファニーです。

ラグジュアリーなデザインはイタリアならでは:ブルガリ

カルティエと同じく、指輪と時計に定評のあるブルガリは、イタリア発祥のブランドです。
大人の女性にふさわしいラグジュアリーなデザインで、世界中のセレブに愛されています。メンズブランドとして、男性からの支持が高いのもブルガリの特徴です。

2冠のトップジュエラー:ヴァンクリーフアンドアーペル

ここでご紹介してきたのは世界5大ジュエラーですが、「グランサンク」と呼ばれる、フランスの5大老舗宝石商のメンバーでもあるのがここ、ヴァンクリーフアンドアーペルです。
カルティエも以前はメンバーだったのですがすぐに退会してしまったそうで、五大ジュエラーでもありグランサンクでもあるのはヴァンクリーフだけです。

グランサンクのメンバージュエラーを紹介

グランサンクの「サンク」はフランス語で「5」の意味です。
グランサンクのメンバーに入っている5つの宝石商はそれぞれヴァンクリーフとショーメ、ブシュロン、モーブッサン、メレリオ・ディ・メレーです。
世界5大ジュエラーに比べると知名度は劣りますが、最高級のジュエリーを扱うショップであることは間違いありません。

いかがでしょうか。
実際にそこで購入するかどうかは別にして、目の保養に高級店を見て回るデートも素敵かもしれません。
お試しにつけてみて、欲しくてたまらなくなってしまっても責任は負えませんが…。

FOLLOW US